前へ
次へ

バブル期と現在に於ける不動産の投資の変化

バブル景気崩壊後は地方の不動産の価値は下落し、それ以降の回復は見られないと言うのが実情となっていますが都市部に於いては東京オリンピックなどの影響もあり堅調となっています。
そんな中、再び不動産を材料とした投資に注目が集まっていますが、バブル期に見られた大穴狙い的な投資ではなく、少額から始められる個人投資が人気となっています。
その中の一つとしてマンションのオーナーと言うジャンルがありますが、その中でプチブームになっている方法としてバブリーな一棟買いではなく、一室買いと言う方法があります。
一室あたりの利益は少額ではありますが、ローリスクで尚且つ確実に給料プラスαの収入が期待出来る為、若い世代のサラリーマンや定年退職後の生活費の上積みを狙う層から、手堅さで高い支持を集めています。
また、マンション経営以外にも所有する不動産を活かした方法として、駐車場経営なども少額で始められる投資として注目されています。

Page Top